FANDOM


流し満貫
読み
  • ながしまんがん
正式名称
  • 幺九振り切り
別名
  • 流し
  • 流局満貫
  • 流し混老頭
  • All terminal and honor discards (英語版Wikipediaでの呼称)
  • 流し跳満
  • 流し役満
  • 反魂蝶(東方雀風荘ルール)
和了り飜
  • 満貫(多数派)
  • 満貫(門前のみ)(稀)
  • 跳満(稀に三麻で)
  • 倍満(ごく稀)
  • 三倍満(佐藤芳清『麻雀大解説』)
  • 役満(ごく稀)

牌例 編集

  • 手牌は不問。

解説 編集

荒牌(山牌が王牌を残して全てなくなること)で流局したとき、自分の捨牌が全て一九字牌だけであれば成立。但し、一枚でも鳴かれていると無効。 自分が鳴くのは基本的に無関係だが、自分が鳴いている場合には認めないとするルールもある。 和了りとして扱う場合と、流局として扱う場合がある。 稀に、三麻で達成すると跳満というルールもあり、「流し跳満」と呼ばれる。役満とするルールもある。

余談だが、かつて(アルシーアル麻雀の時代)は子2000点・親3000点が満貫であり、役なし22符の手(最低点数の和了り。当時は役なしでも和了れた)が子80点・親120点であった。当時は現在よりも採用役が少なく(三色同順などはなかった)、満貫は相当価値のあるものだった。そういった時代の事を考えると、「流し満貫」もかつては苦労に見合った役だったことであろう。

下位役 編集

上位役 編集

複合の制限 編集

  • 一般に、ほかのどの役とも複合しない。

採用状況 編集

  • コナミのアーケードゲーム『麻雀格闘倶楽部』シリーズでは、流局扱い。
    • 何も押さなくても勝手に成立。
  • セガのアーケードゲーム『MJ』シリーズでは、和了り役。
    • 「アガリ」ボタンを押す必要有り。
  • 天鳳では流局扱いで何も押さなくても勝手に成立。
  • 福岡市内の雀荘にて、「流し満貫は満貫ではなく倍満」というルールが採用されていると言う情報あり。
  • 同人ゲーム『東方幻想麻雀』において、紅魔館卓のみ流し満貫が倍満(相当の点数)になる。これは流し満貫がツモ和了りとして扱われるからで、卓のルールによりツモ和了りの点数が倍付けされるからである。(※海底家を起点に頭ハネとなるので八雲紫だらけの場合注意すること)

脚注 編集